XM FX ドル円(USDJPY)は昨年11月からの三角持合いを下振れたか?

XM FX ドル円(USDJPY)は昨年11月からの三角持合いを下振れたか?

昨日午前中に日銀が通告した国債買入れオペで「残存期間10年超25年以下」および「残存25年超」それぞれの買入れ額を100億円減額したことで長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが0.072%まで上昇しました。

市場では緩和解除に向けた地均しではないかとの思惑を呼び、各国中銀の出口戦略に波及したことから欧州債、米債の利回りも上昇しました。

中でも米10年債利回りは昨年3月15日以来となる2.55%手前まで上昇、ドル円の112円36銭での下げ止まりに寄与したほか、ドルの対主要通貨での上昇につながりました。

長期金利が上昇する中においても英FTSE100やNYダウ、ナスダック、S&Pが揃って史上最高値を更新しました。さらに世銀が「2018年の世界成長予想」を従来の2.9%から3.1%へ上方修正するなど市場コンセンサスを反映した格好となりました。

ドル円は今朝方112円78銭まで上昇したものの、本日の10年債入札を控え日銀のオペに関する思惑が再燃、112円17銭まで下落しています。

xm-kouza

一部海外投機筋からは11月末から12月末への総資産の減少があるかという点に注目しているとの見方も聞かれるなど警戒感が高まっており、仮に少額でも各月末比での減額となれば野田政権時代の2012年以来のことになるだけに今後の動きが注目されます。

 

米10年債利回りが昨年3月以来10か月ぶりに2.54%台を上抜けていながらもドル円の上値が重い状態が続いています。

 

昨年のクリスマス休暇前に成立した税制改革法案による企業業績の上振れ期待がいずれインフレ期待の上昇につながり、FRBの今年3回の利上げ見通しを正当化する可能性から金利の先高観を背景に昨年12月下旬からのドル買い・円売りポジションが積み上がっており、これがドル円の上値抑制の一因ではないかと言われています。

 

例えば112円割れまで一段と円高が進み。こうした円売りポジションの損失確定売りを巻込みながらポジションの整理が進むことでいわゆるポジションが軽くなることを待つ必要があるかもしれません。

 

今週から始まる米企業の10-12月期決算ではS&P500を構成する企業は、前年同期比11%近い増益が見込まれるほか、税制改革法案による先々の業績見通しの上振れ期待も聞かれています。

 

日経平均も昨日まで大発会から3日続伸するなど2010年以来8年ぶりの好スタートを切っているほか、売買代金も3兆円超えが継続されています。

こうしたリスク選好の動きが続いている限り、過度な円高は避けられるだろうと楽観的な見方もあり、日銀の国債オペを材料に下値に観測される損失確定売り(=ストップ)を狙った投機的な動きではないかとの見方も聞かれます。

11月初旬からの三角持合いを完全に下振れたのか、注目です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

 

XM口座開設は簡単3分⬇︎