XM FX 今週の振返りと来週の注目 1月22日~1月26日

XM FX 今週の振返りと来週の注目 1月22日~1月26日

 

◇ FX今週(1月22日~1月26日正午まで)のポイント

  • 先週末の米議会上院で2月8日までの暫定予算案を可決、政府系機関閉鎖解除
  • 日銀政策会合での緩和継続、先の国債買入れ減額は調整の範囲として緩和解除を否定
  • 新たな関税措置や米財務長官が米貿易面からのドル安の有益性に言及しドル安が加速
  • ECB理事会はフォワードガイダンス変更なし、ドラギ総裁も年内の利上げに否定的見解
  • ユーロは1.2538ドルへ上昇後1.23ドル台後半へ
  • ドル円は108円50銭を下値に109円70銭へ

 

先週末、米議会上院で暫定予算案を巡る協議は民主・共和両党が移民法案棚上げに合意したことで2月8日までの暫定予算案を可決、米政府系機関閉鎖が解除されたことを好感した週明けのドル円は111円22銭まで上昇しました。

また、ドイツの連立政権協議合意の報道からユーロは1.22ドル台で堅調に推移した一方、ドル円は翌23日の日銀政策会合での緩和解除を巡る警戒感が残り、110円台後半へ下落するなど上値の重い展開が続きました。

23日の日銀政策会合では現状維持を決めたものの、物価見通しに若干の上方修正とも受け止められる文言が見られたほか、黒田総裁会見では緩和政策継続の強調に加え、先の国債買入れ減額はイールドカーブコントロールの調整の範囲内との説明が行われました。

しかし、市場の将来的な緩和解除観測を完全には払拭できませんでした。

そのためドル円の111円台への反発も一時的となり、海外市場では110円25銭まで円高が進行、一方ユーロは1.23ドル台へ上昇するなどドル安の流れが継続しました。

どこまでドル安の流れが続くのか、ドル安に歯止めを掛ける当面の材料が見当たらず、24日の東京市場では午前中に早々と110円割れに至りました。

しかしこれはドル安の序章に過ぎず、欧州市場序盤にムニューシン米財務長官が「ドル安は米国の貿易にとって有益である」と発言。

ドル安の流れが加速し海外市場では108円97銭まで急速に円高が進みました。

こうした円高の進行を嫌気した25日の日経平均株価は200円超も下落しました。

12月の日銀短観で示された大企業製造業の2017年度想定レートが110円18銭、さらに2017年度下期想定レートが109円66銭ですが、日々進む円高が反転しなければ企業業績の下振れ懸念につながりかねないだけに今週23日に24,124円と26年2ヵ月ぶりの高値を付けた日経平均株価の一段高への期待が急速に萎み、むしろ3月末決算に向けての一段の円高・株安進行といったリスクが急浮上したのかもしれません。

さらに昨晩のECB理事会は市場予想通り金融政策の現状維持を決定、フォワードガイダンスの変更も見送られたものの、オプションに絡む損失確定を狙った短期投機筋らによるユーロ買いの思惑からユーロは1.2538ドルへ上昇、一方ドル円は108円50銭まで下落しました。

その後、トランプ米大統領が「強いドルを望む、米国経済が強まればドルも強くなる」などと前日の米財務長官によるドル安が有益との発言に一石を投じたことでドル円は109円70銭へ、ユーロは1.2364ドルへとドル安の流れが一転しました。

とはいえ、ドル安トレンドが確実に反転したか否かの判断は来週以降に持ち越されることになりそうです。

 

◇ FX来週(1月29日~2月2日)の注目点

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

 

XM口座開設は簡単3分⬇︎