XMFX-市場はリスクオフの流れ、OPEC会合の注目

XMFX-市場はリスクオフの流れ、OPEC会合の注目

 

  • 中国のファーウェイCFOの逮捕で、貿易摩擦のリスクが上昇し、市場はリスクオフに。
  • 本日最注目は、GMT1200のOPEC会合;減産合意観測上昇。
  • カナダ中銀の慎重姿勢への転換で、カナダドルが1年半ぶり安値まで急落。

「貿易戦争」のリスク再浮上で、リスクオフの流れ

 

昨日は比較的静かな市場となったものの、本日のアジアセッションでは、リスクオフの流れが再度強まりました。リスクオフの背景には、中国の通信機器大手ファーウェイのCFOがカナダで逮捕され、米国で移送される予定のニュースがありました。

同社が対イラン制裁に違反した疑いが持たれています。カナダの中国大使館は、即時解放を求めています。

今回の逮捕は、貿易戦争の休止を脅かすリスク要因として市場では見なされています。米中摩擦が、貿易問題を超えて発展する可能性があり、知的財産権侵害、及び米企業への技術移転の強要に関する合意における双方の隔たりは、90日間では埋められないでしょう。

本日アジア株式市場は、全面安となりました。本日の米主要株価先物指数は、約1.0%下落してのオープンを示しています。円が堅調推移する一方で、豪ドルやNZドル等のリスク通貨は下落しました。

本日の最注目は、OPEC会合

 

本日の主要イベントは、GMT1200にウィーンで開催されるOPEC会合になるでしょう。市場では、減産合意による価格安定への期待が高まっています。

市場は減産合意を織り込んでいますが、予想の減産量の幅はかなり広範になっています。市場の大半の見方は、日量100万バレルから150万バレルの減産となっています。150万バレル付近の減産が決定した場合、原油価格は回復するでしょう。

反対に、100万バレル付近の減産となった場合、或いは100万バレルを下回った場合は、原油価格は下落するでしょう。

原産国が同意する量と、原油価格を安定させる量には隔たりがある為、減産量を予測することは困難です。予想を上回る減産は米国を怒らせる為、サウジアラビアが回避に努めるでしょう。

一方で、原産国間で全く同意に至らない可能性や、減産同意に至ったものの、減産量で同意に至らない可能性も考えられます。原油価格に加え、カナダドル、ノルウェークローネ、及びロシアルーブル等の通貨も、OPEC会合の結果に影響されるでしょう。

カナダ中銀の慎重姿勢で、カナダドルが1年半ぶり安値まで急落

 

昨日、市場で広く予想されていた通り、カナダ中央銀行は、政策金利の据え置きを発表しました。更に、原油安を背景に、カナダ中央銀行はより慎重な姿勢にシフトしました。

声明文では、カナダのエネルギー産業に予想以上の鈍化が見られ、最近の経済指標結果が第4四半期の鈍化見通しを浮き彫りにしている見解が示されました。これにより、翌年1月の利上げ観測が後退した為、カナダドルは対米ドルで1年半ぶり安値まで急落しました。1月の利上げ予想は、政策会合前の68%から、政策会合後には僅か26%まで低下しました。

本日のカナダドル相場は、OPEC会合、及びGMT1350のカナダ中央銀行のポロズ総裁の発言に大きく影響されるでしょう。

FX本日のその他のニュース

 

本日の米主要経済指標は、米11月ADP全国雇用者数、及び米11月非製造業PMIになるでしょう。米11月ADP全国雇用者数は堅調な結果が予想されています。

しかしながら、ADP全国雇用者数と非農業部門雇用者数の関連性は、最近は大幅に低下している為、市場の注目度が低くなる可能性があります。本日には、米10月貿易収支も発表されます。

GMT1000には、イングランド銀行のラムズデン副総裁が発言予定で、GMT1715にはアトランタ連銀のボスティック総裁が発言予定です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分