XMFX-独政治の不透明感でユーロ安、米ドルは米ISM製造業景況指数を注視

XMFX-独政治の不透明感でユーロ安、米ドルは米ISM製造業景況指数を注視

外国為替市場:本日の米ドルインデックスは0.2%上昇しました。ドイツの政治情勢により、ユーロは軟調推移となりました。先週金曜日に、経済指標の好調な結果で上昇したカナダドルは、原油価格下落により、本日は下落しました。

株式市場: 先週金曜日の米株式市場は下落して引けたものの、下げ幅は僅かでした。ダウ工業株30種は0.23%、ナスダック指数は0.09%、S&P総合500種は0.08%上昇しました。

しかしながら、本日の米主要株価先物指数は下落してのオープンを示しています。リスク回避の流れの背景には、長引く貿易問題、及び米朝関係悪化の可能性があります。

アジア株式市場は全面安となりました。日経平均株価とトピックスはそれぞれ2.21%と2.06%下落しました。

欧州市場では、ドイツ政治情勢の影響もあり、主要株価先物指数が下落してのオープンを示しています。

コモディティ: 本日の原油価格は下落し、WTI原油先物とブレント原油先物はそれぞれ0.9%と1.1%下落しました。原油価格は、抑制された供給により、数年ぶり高値付近で推移しています。

ゴールドは0.3%上昇し、1248ドルを若干上回る水準で推移し、米ドルの反対の動きを継続しています。

FX主要な動き: ユーロは独政治情勢に注視;カナダドルは荒い値動き

週末中のドイツ政権混迷のニュースにより、本日のユーロ/ドルは0.35%下落しました。先週のEUサミットでの移民政策合意は、メルケル政権維持には不十分だったようです。

ゼーホーファー内相が党首を務めるキリスト教社会同盟(CPU)が移民政策への同意を拒否後、ゼーホーファー内相は辞任の意向を表明しました。

本日も、メルケル首相側とゼーホーファー内相側は合意に向けて協議を継続する模様です。そのため、ユーロは引き続きドイツ政治情勢に敏感に反応するでしょう。合意に至った場合、政治的不透明感の低下、総選挙の可能性の後退、及びユーロの回復に繋がるでしょう。反対に、合意に至らなかった場合は、ユーロが一段と下落するでしょう。

貿易問題に関しては、欧州委員会が米国による輸入車への関税は、米経済に悪影響を及ぼし、米国の貿易相手国からの3000億ドル規模の対抗関税に繋がることを繰り返し警告しています。

今週金曜日には、米国と中国が340億ドル規模の関税を実施する予定です。貿易摩擦へのリスクが上昇した場合、リスク回避の流れが強まり、資金が株式等のリスク資産から、リスク逃避先資産に移動するでしょう。

北朝鮮の核兵器燃料増産の報道が、市場のリスクムードに潜在的に影響している可能性があります。報道内容が真実であった場合、米朝関係悪化の可能性があり、リスク逃避先資産の円が需要が増加するでしょう。

カナダ4月GDPの予想を上回る結果、及びカナダ中央銀行による四半期毎の景気見通しレポートがほぼ好調だったことが、7月利上げ観測を上昇させました。これにより、先週金曜日のカナダドルは急騰しました。

本日のドル/カナダドルは0.4%上昇しました。カナダドル下落の主な要因は、原油価格の下落でした。

本日これからのFX市場: 米、ユーロ圏、英PMI発表;独政治情勢に注目

第3四半期に入った市場では、貿易問題、及びユーロ圏内の政治的不透明感がリスク回避の流れを強め、リスク逃避先資産の需要が増加しています。

GMT0800には、ユーロ圏6月製造業PMIが発表され、速報値と同じ55となる模様です。昨年12月に記録した数年ぶり高水準60.6を下回るものの、拡張範囲を示す50を上回ります。

GMT0900には、ユーロ圏5月失業率が発砲され、2009年以来の最低水準8.5%になる見込みです。予想外に好調な結果となった場合、ユーロ回復に繋がるでしょう。

しかしながら、先週のEUサミットでの移民政策合意にも関わらず、ドイツ国内では移民政策が合意に至っていない為、ユーロ買いが手控えられています。ドイツ国内の不透明感が継続する場合、ユーロ回復は厳しいでしょう。

GMT0830には、英6月マークイット製造業PMIが発表され、前月結果の54.4から54.04に鈍化する模様です。先週金曜日に発表された英第1四半期GDP・改定値の上方修正が、8月利上げ観測を上昇させました。

しかしながら、EU離脱問題によりポンドの値動きは慎重になるでしょう。

米国に関しては、木曜日のFOMC議事録発表、及び金曜日の米雇用統計発表を控え、最も注目を集める経済指標は、本日のGMT1400に発表される米6月ISM製造業景況指数になるでしょう。

本指標の市場予想は、0.6ポイント低下の58.1になっています。市場予想を上回る結果となった場合、米ドル回復に繋がるでしょう。

XMテクニカル分析: USDJPY6週ぶり高値更新;テクニカル指標の勢い失速

本日、USDJPYは111円台越えを達成し、6週ぶり高値を更新したものの、111円台を維持することができませんでした。4時間チャート上のRSIとストキャスティックは買われ過ぎを示しています。

USDJPYは6月26日より上昇基調を継続しているものの、RSIとMACDの上昇勢いが鈍化し、基準線を上回った転換線が平坦化しつつあることから、短期的に上昇トレンドが止まる可能性があります。

本日発表される米ISM製造業景況指数が低調な結果となった場合、109.36円から111.05円までのフィボナッチリトレースメント上昇トレンドの23.6%上の110.65円がサポートポイントになるでしょう。

その下には、フィボナッチリトレースメント38.2%上の110.40円が控えています。110.40円もした抜けた場合、フィボナッチリトレースメント50%上の110.20円と50日SAMの110.13円が視野に入るでしょう。

米国からのポジティブなニュースがあった場合、USDJPYは再度111円台越えを達成し、5月の高値111.38円を試す可能性があります。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分