XMFX-米ドルはパウエルFRB議長の発言に注目

XMFX-米ドルはパウエルFRB議長の発言に注目

XM

  • クラリダFRB副議長の利上げ方針維持の発言で、米ドルインデックスは1年半ぶり高水準まで上昇;GMT1700のパウエルFRB議長の発言に注目
  • 関税実施の可能性で株価一時下落、その後のクドロー委員長の発言で回復
  • 政治的先行き不透明感継続で、ポンド安継続

 

輸入車への関税検討の中、クラリダFRB副議長の利上げ方針維持の発言で米ドル高昨日は再び米ドル高となり、米ドルインデックスは1年半ぶり高水準となりました。

米ドル高の最初の要因は、クラリダFRB副議長の発言でした。クラリダFRB副議長は、米経済と利上げ見通しに全面的な自信を維持し、より慎重な姿勢を予想していた一部の市場関係者を驚かせました。

米ドル高の二つ目の要因は、リスク逃避の動きによる米ドルの需要増加でした。トランプ大統領が、早くも来週には輸入車への関税導入を検討していることが報じられました。

この報道により、今週の米中通商協議で合意に達してとしても、中国の次は対欧州貿易摩擦の可能性が浮上しました。欧州側も対抗関税を発動させる可能性により、市場では貿易問題が終息しない懸念が大きくなりました。

本日GMT1700には、パウエルFRB議長が発言予定です。現在、市場では2019年の利上げは1回のみが予想されています。パウエルFRB議長が、クラリダFRB副議長と同様に、2019年度の3回の利上げ計画が依然として有効であると示唆した場合、米ドルインデックスは現在推移している1年半ぶり高水準を上回るでしょう。

本日には、米第3四半期GDPと米10月新築住宅販売件数が発表されます。

関税報道で米株価下落、クドロー委員長の発言で米株価回復

 

トランプ政権による輸入車への関税の可能性により、米株式市場は下落しました。

しかしながら、クドロー国家経済会議委員長が米中通商協議で合意に達する可能性が高いと発言した為、米株式市場は回復し、上昇して引けました。米株価上昇により、豪ドルやNZドルのリスク通貨は上昇しました。

今週土曜日の米中通商協議で合意に達し、市場に短期的な安堵をもたらす可能性があります。しかしながら、米国も中国も、知的財産の強制譲渡、及び関税撤廃等の重要課題の解決について着手しようとしていないことから、貿易問題は一時停止に過ぎず、長引く模様です。

 EU離脱問題に進展がない中、ポンド安継続

 

EU離脱問題に進展がない中、ポンド安が継続しました。

現在、英国では「新たなニュースがないことは、先行き不透明である」との見方が広がっているようです。市場では、英議会での離脱案否決見通しと、否決後の問題への懸念が高まっています。

市場の大半の見方では、メイ首相は可決のための十分な票を集めていないこことから、ポンドの上値は引き続き重くなるでしょう。

しかしながら、ポンドが上昇する可能性は二つあります。まず一つ目は、メイ首相を過小評価できないことです。英議会の流れを変える人物がいるとすれば、メイ首相以外にはいないからです。

市場が離脱案の否決を織り込む中、予想外に可決された場合、ポンドの上昇幅は大きくなります。二つ目は、離脱案の否決により、ポンドは一時的に下落するものの、国民投票実施の可能性がポンドを上昇させる可能性があります。

GMT1630には、イングランド銀行がストレステストを公表します。ストレステストでは、合意なき離脱の場合の見通しも公表される為、市場の関心を集めるでしょう。

FX本日のその他の注目指標とイベント

 

本日には、米経済指標以外に重要な経済指標発表は予定されていません。

GMT1530には、米エネルギー省が米原油在庫を発表します。若干の増加が予想されていますが、先週よりも増加幅は小さくなるでしょう。

GMT1205にはクーレECB専務理事、GMT1300にはデキンドスECB副総裁、GMT1520にはプレートECB専務理事が発言予定です。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分