XMFX–ワクチンニュースと経済指標の結果で株高、米ドル下落2020/11/16

XMFX–ワクチンニュースと経済指標の結果で株高、米ドル下落2020/11/16

  • ワクチンへの期待、強い経済回復、バイデン氏の勝利確実により、今週はポジティブなムードでスタート
  • S&P 500が最高値更新見通しで、世界株価上昇、米ドルは一段安
  • 英離脱交渉が重要局面に入り、ポンドは安定推移

ワクチン開発ニュースとアジアの株価上昇で、FX市場はリスクオン

感染拡大に歯止めがかからない中、新型コロナウイルスのワクチン開発競争は、感染状況の見通し改善への大きな期待となっているようです。

先週のファイザー製薬によるワクチンニュースに続き、今後他の大手製薬会社からのワクチンニュースも報じられるでしょう。

年内、或いは翌年初めまでの複数のワクチン供給は、第4四半期の世界経済悪化に直面する投資家の懸念を緩和させるでしょう。

短期的にでも、市場にポジティブな流れが見られました。

アジア太平洋地域の15か国が、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に署名しました。中国10月鉱工業生産、及び中国10月小売売上高は、一段と上昇しました。

中国の力強い経済回復は、第4四半期の世界経済悪化への懸念を緩和させました。

更に、日第3四半期GDPにも、予想以上の回復が見られました。

これにより、本日のアジア株式市場は、大幅な値上がりとなりました。

日経平均株価は、1%以上値上がりし、終値は29年ぶり高値となりました。

欧州株式市場も、大幅に上昇してのスタートとなりました。先週金曜日にS&P 500の終値が過去最高値を更新したことから、ダウ工業株、及びS&P 500のEミニ先物指数も本日の最高値更新見通しを示しています。

FX市場は感染拡大よりも、FRBによる追加刺激策を材料視

米国は第3波の真っ只中の為、ワクチンへの期待による米株価上昇は、米国内の急速な感染拡大を隠しているようです。

先週には、一日の新規感染者数が過去最多を記録し続け、医療機関の負担急増により、規制強化に踏み切った州が増えました。

現在の所、W型景気後退は、欧州の懸念材料です。しかしながら、米第4四半期GDPの大幅なに悪化する可能性が、日増しに上昇しています。

しかしながら、市場には依然として大きな懸念は見られません。

当面の間、米議会が大規模な追加経済対策を承認する公算が小さい為、FRBによる追加刺激策を市場が期待しているからかもしれません。

先週のパウエル議長の発言によると、近々ワクチンが供給されるにもかかわらず、FRBは追加刺激策が必要と見なしているようです。短期的なリスクが十分に上昇したと見なされた場合、翌月のFOMC会合での追加刺激策が発表される可能性があります。

したがって、翌月のFOMC会合までのFRBメンバーによる発言には、市場の注目が集まるでしょう。本日のGMT19:00には、クラリダFRB副議長が発言予定です。

市場に懸念が見られないもう一つの要因は、米大統領選挙の不透明感が緩和したことでしょう。

トランプ大統領は敗北を認めておらず、トランプ陣営は法廷闘争を進めていますが、バイデン候補の勝利を覆す可能性は小さいと見なされているようです。

米ドルは1週間ぶり安値、NZドル上昇、EU離脱協議の再開控えポンド上昇

市場の楽観的観測は、米ドルを下落させました。米ドルは、対主要通貨で1週間ぶり安値まで値下がりしました。世界貿易の見通し改善により、市場の資金が新興国通貨やコモディティ通貨に流れた為、円も下落しました。

主要国通貨では、NZドルが最も堅調推移し、先週に記録した19か月ぶり高値まで回復しました。豪ドルとカナダドルも上昇しました。

欧州では、ドイツが一段の規制強化を検討している為、ユーロとポンドは前半の上昇幅を失いました。

今週末の期限までに、EU離脱交渉がまとまる公算は小さい為、ポンドは対米ドルで1.32ドル台を割り込みました。

今週、EU離脱後の貿易協定についての協議がブリュッセルで再開します。

漁業権問題等での重要課題で双方の意見の相違が依然として縮まっていません。今後7-10日以内に合意に達しない場合、EU離脱後の移行期間が終了する12月31日までの批准は困難になるでしょう。

関連記事:XM(XMTrading)とは?

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

 

XMTrading(エックスエム)
XM公式サイト
Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。

リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分