XMFX–感染拡大により、米ドル一段高2020/09/24

XMFX–新型コロナ感染拡大により、米ドル一段高2020/09/24

  • 感染拡大により経済見通し悪化で、米ドルが一段高
  • 米株価回復にもかかわらず、市場はリスクオフムード継続
  • ユーロ圏PMIの結果でユーロ下落、感染拡大でポンド下落
  • 利下げ観測で豪ドルとNZドル下落

世界経済見通し悪化で米ドル上昇

欧州での感染拡大見通し、及び米国の追加刺激策の可能性低下が景気後退への懸念が一段と強まり、本日のFX市場はポジティブな流れの維持が困難のようです。

市場が遂に現実を織り込み、刺激策への期待によるリスクオンの流れは失速したようです。欧州内の多数の国では、感染拡大防止の為、新たな制限措置に踏み切りました。

更に、追加経済対策はまだ米議会で承認されていません。

昨日のパウエルFRB議長の発言内容にも、景気回復への懸念が示されました。

パウエル議長は、経済活動が「感染拡大前の水準を大きく下回っている」と指摘し、財政刺激策の必要性を改めて強調しました。本日と明日には、パウエル議長の議会証言が予定されています。

昨日には、シカゴ連銀のエバンス総裁の発言もFX市場の関心を集めました。エバンス総裁は、インフレ率が平均で2%になる前の利上げの可能性を示唆し、市場を驚かせました。

エバンス総裁は、本年度のFOMC政策会合での投票権を持っていませんが、2021年には投票権を持ちます。

エバンス総裁の発言は、既に上昇基調の米ドルを一段と押し上げました。

米ドルは、対主要通貨で約2か月ぶり高値まで急騰しました。リスクオフの流れにより、円も上昇を継続し、夏の間の下げ幅を殆ど回復させました。

株価回復はリスクオンに繋がらず

見通し悪化にもかかわらず、昨日には米株価が緩やかながらも回復した為、FX市場にはパニックは見られませんでした。

米主要株価先物指数が上昇してのオープンを示していることから、本日も米株価上昇の流れは継続する模様です。欧州の株価先物指数も上昇してのオープンを示しています。

株価が下げ止まっても、短期的には上昇に繋がる材料は見られません。

市場の懸念は、経済回復遅延だけではないためです。

数週間後に控えた米大統領選挙は、接戦が予想されています。

郵送投票では、不正の可能性に加え、敗北した候補者が不正を主張して、選挙結果を受け入れず、先行き不透明感が長期化する恐れもあります。

米中摩擦は継続し、トランプ大統領は国連の一般討論演説で、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の責任は中国にあると激しく非難しました。

中国政府は米企業によるTikTok買収を阻止する可能性も浮上し、米中関係は一段と悪化する模様です。

ユーロ圏経済鈍化;英国は感染拡大により規制強化

ユーロ圏の9月PMIでは、経済回復鈍化が浮き彫りとなりました。

フランスとドイツの製造業PMIは予想を上回ったものの、感染拡大による制限措置により、サービス業PMIは大幅に低下しました。

ユーロ圏9月総合PMIは、50.1に低下し、経済回復鈍化が明らかになりました。

ユーロ/ドルは、2か月ぶり安値まで急落し、主要水準の1.17ドルを割り込みました。

しかしながら、PMIの結果自体はそれほど悪くはなかった為、ユーロは下げ止まりました。

昨日、ジョンソン首相が感染拡大と規制強化を公表したことにより、ポンドも引き続き下落基調となりました。

規制の再強化策では、パブやレストランの午後10時以降の営業が禁止され、経済回復遅延に繋がるでしょう。

英9月総合PMIは55.7となっており、現在の所、英国の経済回復は比較的良好です。

利下げ観測で豪ドルとNZドル下落

利下げ観測により、本日の豪ドルとNZドルは最も軟調推移した通貨となりました。

本日、ニュージーランド準備銀行は、政策金利の据え置きを発表しました。

しかしながら、必要に応じて、マイナス金利等の追加刺激策を実施する可能性を示唆しました。

今週最大のサプライズは、オーストラリア準備銀行がハト派路線に変更したことです。

昨日のデベル副総裁の発言により、早くも10月の政策会合での利下げ観測が浮上しました。

直近の豪ドルは対米ドルで0.75%下落し、NZドルは対米ドルで0.66ドル台を割り込みました。

 

関連記事:XM(XMTrading)とは?

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

 

XMTrading(エックスエム)
XM公式サイト
Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。

リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分