XMFX–追加経済対策への期待で米ドル上昇、レディットによる混乱鎮静

XMFX

XMFX–追加経済対策への期待で米ドル上昇、レディットによる混乱鎮静

  • 米追加経済対策への期待で米ドル2か月ぶり高値に接近、ユーロ停滞
  • 米株価再度上昇、個人投資家による混乱は沈静化、シルバー下落
  • 豪中銀のQE導入は材料視されず、豪ドル回復

米ドルが回復の可能性

過去数日間の米10年債利回りの上昇と同様に、米ドルも再度上昇しているようです。

米追加経済対策承認間近の兆しにより、昨日の米ドルは対主要通貨で約2か月ぶりの高値まで上昇しました。

更に、新型コロナウイルスによる新たな試練、欧州圏内のワクチン接種遅延、及び市場内での慎重姿勢が米ドル上昇の追い風となりました。

先週、ドル/円が長期的な下落トレンドラインを上抜けたことからも見られますように、米ドル復活の可能性があります。

FRBメンバーによるハト派的見解は材料視されず、米追加経済対策への期待、及びインフレ上昇見通しが米国債利回りを押し上げました。

昨日に発表された米1月ISM製造業PMIの価格指数が10年ぶり高水準となったことも、FRBが経済回復時のインフレリスクを過小評価している見方に繋がりました。

次回の追加経済対策の規模が確定していない為、インフレリスクを評価することは時期尚早でしょう。

昨日、10名の共和党上院議員がバイデン大統領と会談し、6180億ドル規模の代替案を提出しました。

共和党員が代替案を強く主張しない限り、財政調整措置によって、1兆9000億ドル規模の案が米議会に承認される公算が大きいでしょう。

株価は再度上昇ムード

米追加経済対策、及びインフレの一時的な上昇をFRBが重視しないことは、株式市場にとってポジティブな要因です。

流動性増加の恩恵を受けているのは、米国だけではありません。

中国人民銀行は、7日と14日のリバースレポを通じて、流動性を追加しました。先週金曜日に5年ぶり高値まで上昇した翌日レポへの対応策のようです。

本日、オーストラリア準備銀行が緩和政策を公表しました。政策金利は据え置かれたものの、1000億豪ドル相当の量的緩和導入により、FX市場を驚かせました。

アジア株式市場の主要株価の終値は、約1%、或いは1%以上値上がりました。

欧州株式市場も、2日連続での上昇となる見通しです。昨日の株高の流れを引き継ぎ、直近の米主要株価先物指数は、約8%の上昇を示しています。

アマゾンやアルファベットの強い決算結果への期待により、ナスダック指数は2.5%値上がりしました。アマゾンとアルファベットの四半期決算結果は、本日の米株式市場の閉場後に発表されます。

米株式市場の開場前には、エクソンモービル、ファイザー、及びアリババの四半期決算結果が発表されます。

多数の米企業の四半期決算発表により、個人投資家の動きへの関心が薄れる可能性があります。

昨日、ゲームストップの株価は、31.5%下落しました。一方、レディット参加者に支持されているブラックベリーとノキアの株価は、上昇を継続しています。

個人投資家の新たな標的と見なされたシルバーは、昨日に一時的に30ドルを超えたものの、本日には4%以上値下がりました。

最近の株式市場での混乱により、規制当局による規制強化や、米ネット証券ロビンフッドが取引制限を再度実施する可能性により、個人投資家集団による動きが再度大きくなるのか、収束するのかが注目されるでしょう。

豪中銀の決定から豪ドル回復、ユーロ停滞

オーストラリア準備銀行による予想外の量的緩和導入決定後に下落した豪ドルは、その後に上昇しました。

しかしながら、豪ドルの上昇幅は、他のコモディティ通貨の上昇幅を下回りました。

NZドルとカナダドルは、最も堅調推移した通貨でした。特にカナダドルは、原油価格上昇が追い風となりました。

ポンドは、昨日の下落幅を回復したものの、対米ドルで1.37ドル越えに苦戦している模様です。

ユーロ圏第4四半期GDPの予想を上回る結果は、ユーロのポジティブな要因となりました。

しかしながら、ユーロ圏内のワクチン接種遅延、及びロックダウンの長期化がユーロの上値を重くしています。直近でのユーロ/ドルは、1.2065ドルを若干上回って推移しています。

関連記事:XM(XMTrading)とは?

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

 

XMTrading(エックスエム)
XM公式サイト
Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。

リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分